砂をかむよう

霧が出て寒い朝だった

新聞に言葉の慣用表現について掲載されていた

「砂をかむよう」を「悔しくてたまらない様子」と理解していた人が56.9%

本来の意味の「無味乾燥でつまらない様子」が32.1%であったという

 

辞書に「砂をかます」という表現が載っているが、「相撲で、相手を土俵の上に投げ倒す」という意味であるから、この意味を連想していたのではないだろうか

…かむよう、…かます

日本語は難しい

あ、ほかの言葉ものっているから、ぜひ参考に

雨にも負けず…

きのうの日曜日、茨城県フラワーパークへ行ってきた

台風19号、21号の影響の大雨にも負けずに大勢のバラが鮮やかに迎えてくれた

 

量子コンピューター

■グーグルが発表した量子コンピューターの話題について

ひどく難しい理論なので、自分でもさっぱりわかっていない

現在のコンピューターはビット(0か1)で計算している

量子コンピューターは「0であり、かつ1でもある」

ここが理解できない

つまりはどっちでもある、ということなんだろうか

この特殊な状態を利用して、大量の情報を一度に処理するという

基本素子の量子ビットを53個つなげて計算するという

並列で計算処理をすることなのか

粒子の世界のことだから、ここも理解できない

 

■何を計算させたのか

乱数を作る計算問題で性能を検証したという

その結果、スーパーコンピューターが約1万年かかるのに、量子コンピューターは3分20秒であったという

IBMはこの発表を受けて、スーパーコンピューターで同じ計算問題を独自のロジックで解いたら、2日半でできたという

グーグルの発表を批判している

 

■日本での取り組みはどうか

東京大学の古沢明教授らは、室温で大規模な計算を可能にする方法を考案して、コンピューターを開発した

レーザーの光を計算の単位として扱い、互いに影響し合う「量子もつれ」の状態の測定で、計算結果を得たという

なんの計算か定かではないが、「量子もつれ」が「0でもあり、かつ1でもある」と同じ状態を表すのではないだろうか

 

図書館で量子コンピューターの書籍を検索したら何点か借りている人がいる

常々勉強だ

(内容は日本経済新聞を参考にしています)