2018 子どもの名前

男の子
1.蓮(れん)
2.湊(みなと、そう)
3.大翔(ひろと、やまと、たいが)

女の子
1.結月(ゆづき、ゆずき、ゆいる、ゆず、ゆつき)
2.結愛(ゆあ、ゆいな、ゆうな)
3.結菜(ゆいな、ゆな、ゆうな)

明治安田生命調べ

名前を決めるとき、
パパやママの思いからつけたり、画数を調べたり、なかかな苦労があるようです。

木枯らしが吹かない

もうすぐ師走だというのに、今年は11月末までに木枯らしが吹かないらしい。
ここのところ小春日和で、暖かい日差しで、穏やかな日が統いているので、吹く気配はない。
39年ぶりのことで、今年は異常気象のため記録が次々と更新されている。
そういえば、台風28号はどこへいった。

役に立たないものはないというけれど

老子は世の中に役に立たないものはない、というけれどどういうことなんだろう。

器の中の空間は、器を作っているから、役に立っている。
という意味のことを説いている。
「世の中をよく見ろ」
「真実はどこにある」
というように本質を見極めることが大事なんだと思う。

心の器

心には器があって、場面に応じて大きくなったり、小さく縮んだりする。

気分のいいときは、器がどんどん大きくなって「大丈夫、大丈夫、まかしとき」なんて大口を叩く。

そして、気分の悪いときは、器がみるみる縮んで「知ったことか」なんて関わろうとしない。

心の器って勝手なんだ・・・。