• Just another WordPress site

もののけの夏

千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館で開催されている妖怪や幽霊などの絵を集めた「もののけの夏」を見に行った

江戸時代のもののけの絵は錦絵や墨絵、冊子などに土蜘蛛の妖怪や化け物などが解説と共に描かれている

幽霊は吹き出しのように足がなかったので、この時代から幽霊には足がないことが定着したのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です