• Just another WordPress site

横綱 稀勢の里引退

「私の土俵人生、一片の悔いもありません。やり切った気持ち」と語って引退の心境を述べた

横綱昇進後の場所で、怪我を押して逆転の優勝を果たしたが、その代償は大きかった

怪我の影響で満足な相撲が取れず、連敗しては休場という状態で、今場所が横綱の進退をかけての場所であった

懸命に取り組む姿に、がんばれ、がんばれと応援していたが、とうとう引退の決断をした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です