• Just another WordPress site

正月の〆の飯

正月の〆の飯は、なんといっても「ふくやの明太子」

明太子ではなく「ふくやの明太子」なのです

プリプリして、辛みがきいて、さっぱりしていて、嫌味がない

正月だけしか食べられないのだから、やっぱり「ふくやの明太子」にこだわるのです

湯気の上がったゴハンに大きく切ったそれをのせて、ハシで身を押し出して、ご飯を下からすくい、口に放り込む

いくら美味しくても、ご飯1杯だけの正月の〆飯。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です